WORKS

Graphic

Leaflet

リーフレット(日本女子大学心理学科さま)
Date:

Client: 日本女子大学心理学科

Leaflet Design

STORY

日本女子大学の心理学科さまより、学科紹介のリーフレット制作をご依頼いただきました。

オープンキャンパスなどに来てくれた高校生に配るためのものです。

ムンカー錯視って...?

リーフレットの表紙には「ムンカー錯視の仕組みを使ってデザインしてほしい」とリクエストいただきました。ムンカー錯視って何だっけ...?まずは調べるところから始まったこのお仕事。

錯視とは、「目の錯覚」のこと。

実際とは違って見えてしまう(脳がだまされてしまう)不思議な現象のことを言います。

世の中にはいろんな錯視がありますが、ムンカー錯視もその一つで、周囲の色に影響されて、本来とは違う色に見えてしまうというものです。

例えば↓こんな感じです。上下左右で花柄が違う色に見えませんか?

でも実際は、すべて↓同じ色なのです(薄いピンク)

背景色と縞色の組み合わせを変えるだけで、こんなにも違って見えてしまうのです。不思議ですね。

ムンカー錯視を表紙に

なぜ錯視図形を表紙にするかというと、表紙を見た人に「不思議だな、面白いな」と思ってもらい、「こういう疑問を解決するのも研究分野の一つですよ」と知って興味を持ってもらうためです。

表紙で訴えかけるためにはインパクトが大事。そして、よく見るタイプの錯視図形ではなく、女子高生に受ける?ような「映える」ものを、という超難題。

インパクトのある錯視図形って、ちょっと気持ち悪い(長く見ていられない)ものが多い気がするのですが、そんなのはもってのほか!

むしろずっと見ていたくなるような可愛くて綺麗な感じのムンカー錯視でなくてはなりません。

錯視図形を作ること自体はじめての経験でしたが、ああでもないこうでもない、と試行錯誤しながら、楽しんで作らせていただきました。

高校生の方々が、どんな感想をもたれるのか・・ドキドキです!

表紙にはムンカー錯視を利用した不思議な絵を。
薄いピンク色のお花のはずが・・錯視の効果で、色が違って見えます。

別案も採用に!

さらに、とても嬉しいことに、ご提案した案が2つも採用になったので、花柄ではない別パターンもあるんです。こちらもいずれお披露目したいと思います。

Back to Top