WORKS

Web

Consortium

Webサイト(睡眠研究・Good Sleep コンソーシアムさま)
Date:

Client: Good Sleepコンソーシアム

Direction, Design, HTML+CSS, MovableType.net

MovableType.net

VIEW SITE!

STORY

山形大学が2020年に、睡眠に関する知見の集積を目的に設立した「睡眠マネジメント研究センター」。このたび、その活動からさらに一歩拡大した「Good Sleepコンソーシアム」の設立にあたり、コンソーシアムのWebサイト制作をご依頼いただきました。

何かと睡眠不足な現代人が、ぐっすり眠れるようになるため...色々な分野の専門家が力を合わせて解決する...そのためのプラットフォームなんだそうです。

8月中旬にプレスリリース、その後説明会などを経て、11月初頭にキックオフのシンポジウム開催予定・・(つまり10月中にはサイト公開)というタイトなスケジュールでしたので、まずは大筋の内容で構築し、詳細な内容は資料としてPDFでダウンロードする形をとらせていただき、サイトの公開後にページを作り込んでいく、という流れで進めました。

先行している母体の「睡眠マネジメント研究センター」サイトを参考に、色味や雰囲気を合わせながらデザインさせていただきました。

運用しやすいCMSの選定

こちらのサイトでは将来的に、会員専用のページを設ける予定がありますので、会員の管理がしやすいことや、専用ページへのアクセス制限を設けることが必須要件でした。また、複数のスタッフがサイトの更新に携わることも想定されます。

そこでCMSの選定から検討し、メンバーごとの権限を柔軟に決められ、また会員管理機能も備わっているMovableType.netのカスタマイズをご提案しました。

NEWSやイベントを更新しやすい形に

もっとも更新頻度が高いと思われるのが、NEWSの更新です。また、シンポジウムなどのイベントが開催する際には、その告知も明示する必要があります。

トップページでは「NEWS」と「イベント」を別々のエリアに分けて表示していますが、いずれも記事の投稿から更新できるようにして、カテゴリーによって表示場所や表示形式を変えられる仕様にしています。

差し替え機能と共有プレビューで、公開後のメンテナンスに対応

サイトのリリース時には大枠しか出来上がっておりませんでしたので、リリース後にページを作り込んでいく必要がありました。

公開前に差し替えページの状態を共有できる「共有プレビュー」機能を使うことで、本番環境に影響することなく、差し替え後のページ案をスタッフの方々にご確認いただくことができました。

Related Works

Back to Top